独創思考研究所

管理人の妄想も含めた独創的思考発想の内容です、当ブログの内容を他言や真似事をしてのトラブル・事故・不利益等、管理人は一切責任を持ちません。

DA63T エンジン不調

DA63T キャリィ・トラックのエンジン不調です。

症状はイグニッションコイルかプラグ死亡な感じ

早速コイルを軽く抜き差ししてテスト→3番異常と判断

って事で手持ちの中古と入れ替えしてみます

症状変わらず(--;)

 

2番のコイルと入れ替え→症状変わらず3番がおかしい

プラグチェック→問題なし

って事はK6A特有のバルブ消耗かな?(だったらかなり面倒だ…)

圧縮テスト→問題なし

 

 

インジェクター死亡かな?

ドライバーの先端をあてて作動音をチェックします

作動音は問題なし。

 

???

 

燃圧低下だと全体的に不調になりそうだが、

燃圧チェックしようと配管外すと燃料がかなり茶色(ToT)

って事でインジェクターバラします。

f:id:superplay800:20190213130431j:plain

案の定サビてんこ盛りでした。

デリバリーパイプもいい感じでサビが回ってます

f:id:superplay800:20190213130518j:plain

一応ラインに残ってるサビ出す為にそのままポンプを回します

f:id:superplay800:20190213130537j:plain

結構サビ出てきました(^^;)

理想はタンク下ろして洗浄がてらに内部状態を確認したいのですが

様子見と言う事でここまでです。

洗浄後はバッチリ調子も回復してました(^^)

 

入庫ついでにELM327挿してみましたが問題無く読めました

プロトコルは SUZUKI K-LINE

アプリは SZ Viewer でOKです。

 

今回はエンジン不調の音や感覚で点火系統を疑いましたが

この様なケースも有るのだなと実感させられました。