独創思考研究所

管理人の妄想も含めた独創的思考発想の内容です、当ブログの内容を他言や真似事をしてのトラブル・事故・不利益等、管理人は一切責任を持ちません。

マークX TOYOTA CAN OBD2診断

車検で入庫したマークXです

納車前に、ふと最近診断機挿してないなぁと思い実施

結構な車両逃してる気がします(^^;)

 

久しぶりの診断記事なので端末も一応

操作端末は脱獄済みのFire7

通信端末はAmazonのELM327 V1.5

 

 

 

 

 

↑セールで買うと約¥3,000円

脱獄してPLAYストアを導入して使用

 

 

 

 

Bluetooth通信でV1.5の端末

iOBDと使い分けてみましたがほぼコレばかり使ってます

プロトコル指定出来るのは助かりますね(^^)

 

 

 

 

 

まずはiOBDを試しましたが読めませんでした

この時点でほぼ独自規格になります(経験上)

独自規格はinfo-san!使ってますが

今回はOBD Driver というソフトを使ってみます

 

f:id:superplay800:20190924060320p:plain

左下からプロトコル設定出来ます

 

f:id:superplay800:20190924060533p:plain

f:id:superplay800:20190924060547p:plain

TOYOTA K-LINEだと電圧しか表示しませんでした

TOYOTA CAN指定で読み込みOKです

 

f:id:superplay800:20190924060711p:plain

表示計器を指定出来ます

必要なデータを指定して画面上に表示出来るので

表示が固定されてるソフトよりは便利です

 

プロトコルはinfo-san!と種類は同じです

info-san!でダメでもOBD Driverで読めたりする車両もあります

 

診断機能はあったかな…気が向いたら記事にします(^^;)